This is Music is this !?(仮

2005-06-28中本マリ「MARI NAKAMOTO III」75年

TBM1800シリーズアンコールプレスから3枚目。

------------

中本マリ「MARI NAKAMOTO III」TBM-CD1856

1975年11月25-26日録音。原盤TBM56。中本マリ(vo)/鈴木勲(b)/渡辺香津美(g)。9曲中2曲は中本渡辺デュオ中本マリが28歳のとき(渡辺22歳、鈴木42歳)の3枚目のアルバム。ここまでの2枚ともTBMからのリリースになる。

ジャズヴォーカルアルバムというのは、ほとんどもってない。エラやサッチモの古い録音、マルとホリディのやつ、カーメン・マクレエの70年代のがいくつか、それくらい。なので聴き方がわからんのデス。

ピアノドラムというキンキンガンガンくるような打楽器的なパートがない分、かなりスムーズなジャズで、選曲もスタンダードオンリー。中音域で伸びのあり、エッジがちょっとハスキー中本の声には正直聴き惚れる。このひとは、ご立派なジャズヴォーカルって感じじゃなくて、もっとカジュアルで肉感がある歌うたいデス。

ジャズヴォーカルっていうと器楽的な面でいろいろよいなぁすごいなぁとか思ってたけど、歌声ってことで、ダグマーやキャロル・キングがいいなぁと思うのと同じように感じられる録音。

2曲目の「What A Difference A Day Made」のラテン風味のあるリズム渡辺のちょっとジャズロック的なバッキングソロが面白い。というか、ほぼ全曲での渡辺のバッキング部分でのスムースながらトリッキーなフレージングは、どうなのよ。鈴木ベースもよくきくとすごく歌ってる。録音のバランスが絶妙で、中本の声が活きてるけど、バッキングって感じじゃないなぁ。よい。

http://www.tvz.com/TBM/shop/nakamoto.htm

http://www.nakamotomari.com/