Hatena::Groupjazz

半熟三昧(ジャズ味) このページをアンテナに追加

2005-07-19

[]"Lush life: the Billy strayhorn songbook" "Lush life: the Billy strayhorn songbook" - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - "Lush life: the Billy strayhorn songbook" - 半熟三昧(ジャズ味)

Lush Life

Lush Life

いろんなアーティストのBilly Strayhornの曲集、とはいえ、このCDのために録り下ろしではなさそうなので、多少安易さも否めないコンピレーション

ビリー・ストレイホーンはジャズの生き神様デューク・エリントンバンドの片腕として活躍した人です。華やかなエリントンに対し、ストレイホーンは殆ど目立たず裏方に徹した。わかりやすく言うと、ダウンタウン松本人志に対する高須光聖のような存在、うーんちょっと違うな。林家ぺーに対するパー子のような存在。しまったむしろちょっと遠ざかった。

 エリントン自体がたいがい作編曲の権化のような存在ではあるが、ストレイホーンはそれに負けないほどの作曲の才をエリントバンドに捧げ、エリントバンドの超強力二枚看板として君臨したのでした。死が二人をわかつまで。


 CDの最後の曲が"Take the A train"で、構成としてはほっとする。というのは、その一つ前の曲は"Blood Count"Strayhornが不治の病に侵されて病床でポタリポタリと落ちる点滴(か輸血)のしずくを見ながら作った曲(たぶん遺作じゃないかと思う)から。そんなんでCDが終わったら、ぼくちゃん悲しすぎましゅ

最後が”A train”だったら、大・団・円 って感じ。ちょうどフェリーニ映画"8 1/2"のラストにも似て、祝祭的でさえある。

 Strayhornの曲は、とてもジャズっぽい。私理論のことそんなにわかりまへんけど、たとえば有名どころでは、サテンドールAメロ6小節目、A train Aメロ4小節目とか、いかにもっぽいと思う。ゆるぎない増4の音が常に背後に聴こえるような気がする。