Hatena::Groupjazz

半熟三昧(ジャズ味) このページをアンテナに追加

2011-07-15

[]Songbookの比較 Songbookの比較 - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - Songbookの比較 - 半熟三昧(ジャズ味)

コード・ブックを読み比べる。

 コンボ演奏する際に、元になるのはテーマコード進行けが書かれた汎用の曲集で、"Songbook"とか"Fake book"とかいわれているコード・ブックです

 セッションなどに行く場合持ちネタの蓄積としてこういう本を持っていくわけ。

 問題は、トロンボーンっ子の標準はヘ音記号であること。こういう汎用スタンダード・ブックは、基本的にはピアノ譜だからト音記号なんですよね。

 こういうコードブックは、ほぼ100%※ト音ですし、たとえばセッションなどで、「俺その曲知らん」とかいう人が居れば、一緒に見たりしまから、やっぱり汎用性がある方が望ましい。

 僕に関していえば、セッションでぶっつけ本番で対応する場面に多々出くわしたため、あきらめてト音記号で読むようになりました。初学の段階では読みやすい形でへ音で書き直していました。譜面を書く練習にもなりますし。

 へ音記号で通そうというのであれば、前もってト音をへ音に書き直しておく必要があります。幸いトロンボーン譜面はinCですからコードは書き直さなくて済むのが唯一の救いでしょうか。

 そして、他のメンバーのために in Cの譜面も出来れば用意しておく、と。

 さて、そういう訳で、残念ながら、トロンボーンっ子である限り、ト音で書いてあるどの市販のスタンダードブックも不十分である、ということになります。とはいえ、スタンダードブックにも色々特徴がありまして、それぞれ一長一短があります。まず何を買えばいいかというのは、難しい問題です。なんぼでもお金があるなら申し分ないですけれども。

1:『スタンダードジャズハンドブック』伊藤伸吾
ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック /伊藤伸吾 編

ザプロフェッショナル スタンダードジャズハンドブック /伊藤伸吾 編

 コスト…S 入手性…A 視認性…A 携行性…A

 ある種、もっともコストパフォーマンスに優れた一冊。

 以下「伊藤本」と仮称します。

 どうしても一冊、という事になれば、これが一番無難な選択に思われる。コードも大きく、譜面の視認性もよい。曲もアルファベット順に並べられ、選曲も大体必要なものを網羅している。唄もの7割、ジャズオリジナル3割、といったところか。とにかく使いやすいのは使いやすい。

 欠点としては、ヴォーカル向きではないところ。歌詞の記載もないし、Verseも載ってない(唄ものの比率が多い割には、これは不親切だとは思う)。

 コードは簡潔さを優先させている。残念ながら、時に正確さよりも簡潔さを優先させているように見える部分もあるので注意。

 出入りしているジャズライブハウスオーナーはこの本が「諸悪の根源」という表現をしていましたが、それにも一理あると思いますプロミュージシャンも「アレはちょっとね」という人が結構多い。

 あと、結構歴史の長い本なので、バージョン違いが結構あります。昔のバージョンにはBlue Bossaが入っていたりとか、版によって収載曲がちょっと異なる。それにしてもThermoとか、誰がやるんだろうか。

2:『新版 スタンダードジャズのすべて 1・2』高島 慶司
新版 スタンダードジャズのすべて 1 ベスト401

新版 スタンダードジャズのすべて 1 ベスト401

コスト…B 入手性…A 視認性…C 携行性…C

上下二巻で、それぞれ401曲ずつ。結構な曲数です。唄ものも、ジャズオリジナルもそれなりに多い。

 唄もの歌詞もVerseの部分も載っているので、もしあなたボーカル兼業Jack TeagardenNils Landgrenなら、もしくはverseまできっちり唄うボーカルの人の歌伴をするのならば、お薦めです

 しかし実際にステージ上で使うには難点がある。曲順にはっきりした法則がなく検索しにくい。文字が小さく読みにくいし、B5だが、分厚く重いので持ち歩きにも適さない。譜面台に立てても安定しない。

 これは、一種の辞書のようなものと考えて、ここからリード・シートを写すという風に使われるべきかと思う。

 僕はこの前の版(表紙は水玉みたいな柄)を持っていましたが、新しい曲よりはバップ以前の中間派とかスウィングなどの古い曲が充実しているという印象がありました。で、コードの書き方もちょっと古い感じがした。版が変わって、ずいぶん曲は入れ換えたということなので、今の版がどうなのかはちょっとわかりませんが。

3:『The Realbook』
THE REAL BOOK - VOLUME 1 Sixth Edition For All C Instruments

THE REAL BOOK - VOLUME 1 Sixth Edition For All C Instruments

 コスト…A 入手性…B 視認性…B 携行性…A

もともとはアメリカミュージシャン用に作られた、海賊版なんです。だから普通書店では売れないので、昔は輸入マイナスワンとかを扱う都市部の大手楽器店などや、洋行帰りの人しか入手出来ない本でした。今はこうやって正規版として売られているなんて隔世の感があります

 譜面はさすがに読みやすい。ビッグバンド譜面によくある、手書き風譜面です。選曲も、割と新しいジャズチューンも入っていたりして、便利です。但しコードの書き方に関しては統一性にやや欠けるきらいがある。

 難点といえば、やや厚みがあるので持ち歩きにくい。また、リング綴じなんですが、今ひとつ強度がよくなく、持ち歩くと本が痛みやすいというのはあります

 どうせ伊藤本はみんな持っているから、これを買うと仲間内で喜ばれるかもしれない。現在はVolume3まであるらしい。

 あと、この本のいいところは、tp/sax用に、全く同じフォームで、Bb用、Eb用の本もあること。ご丁寧にへ音記号版もあるらしいので、へ音じゃないと駄目な人は、それを買うというのが市販譜では唯一の方法だと思う。

4:『ジャズマスターシリーズ はじめてのジャズ セッションで困らないための必修スタンダード50曲 (楽譜)』 富塚章

コスト…A 入手性…A 視認性…C 携行性…A

ジャズライフ肝いり企画本。僕が学生の末期頃に出版された覚えがある。この本は厳密にいうと、コードブックというよりは初心者用の総説本のような意味合いが強い。よく出来ています。前半部では理論オタクにならない程度の概説がわかりやすい。「文章」を多くしてわかりやすくさせようという印象があります

 で、後半部にはセッションでよく演奏されるような初級~中級のスタンダード曲を50曲掲載。初心者ジャムセッションに行っても、なんでも出来る訳じゃないから、自分で「この曲をやりたいんです」と持っていく曲としては格好の50曲が選曲されています。ご丁寧に、一ページにCだけでなく、Bb/Ebキーでも同時に書かれているので、他のキー管楽器の人も、楽に使えます。但し、字は小さいので、これをそのまま譜面台に載せて使うのはおすすめできません。

5:『コンテンポラリー1001 VOL1』 中央アート出版

コスト…C 入手性…B 視認性…A 携行性…D

前述した「Realbook」が裏決定版とすれば、この1001は表決定版とも言える本。譜面として、最もかっちりしている印象があります

 選曲もかなりバリエーションが広いですが、特に60年代70年代の小難しい曲及び、フュージョンなどの譜面は、これにしか載ってないのが結構あります

 コードは、大きく読みやすいのですが、テンション、分数コードの記載が厳密な印象です11とかsus4とかもよく出てくる。思うに伊藤本は、最大公約数的なコード表記を心掛けているのに対し、この本は、有名盤のやっているテイクに厳密に再現しているというような感じがします。(といっても、コードシンボルレベルですがね)。そういう意味では、ジャムセッションでは、逆に使いづらいかなーなんて思うこともある。

 一番の問題は値段の高さ。高い!やたら高い!個人でこれを所有するなんて、はっきりいってスネ夫ですサークル/クラブ共同購入するのにオススメではあります。このシリーズにはラテン曲の1001もあったりしますが、やっぱり高い。

6:『ジャズタンダーズ・バイブル納浩一

 納浩一さんの編集された本です

コスト…A 入手性…A 視認性…A 携行性A'

コード進行に関してはさすがに第一線級のベーシストである納さんが監修しただけあって、正調と思われるコード進行で、文句のつけようもありません。またアルファベット順に記載され、一曲1ページというフォーマットでもあり、さすがに後発な分だけ、欠点という欠点がない。「伊藤本」に変わり、新たなデファクト・スタンダードになる本と思います

曲も、伊藤本よりはジャズオリジナルの比率が少し多い印象。

難点は伊藤本よりもちょっと重く大きいこと。伊藤本がMonoマガジンだとするとこの本は別冊アフタヌーンです。片手間に音楽をする場合、持ち運びに少しネックになるか。

 あと、CDがついているのですが、これが、開いて譜面台に固定する時にやや邪魔になる。取り外しておきたいところです

7:CJ116 『ザ・プロフェッショナル スタンダードリアルブック [ベスト120]』

これは、「伊藤本」の補追、という性格の本ではないかと思います。やはり伊藤本の長所を残しつつ、伊藤本にない選曲をあえて載せている、という感じ。二冊揃って完成、という感じです


まとめ(2011時点で)

個人で持ち歩くなら 6、もしくは3もしくは1(+7)というあたりが無難かと思いますが、この中でどれが一番かと言われると微妙です

 結局、ある程度のレベルになってくると、本見なくなりますし、本のコード進行に左右されにくくはなってくるようには思いますし。

 私の周りのセッション市場の動向をみていると、やはり納本が去年でてから、これまでデファクトであった伊藤本のシェアに猛追しているようですが、現役のジャズ研諸君の周りでは一体どうなんでしょうか。

JaileneJailene2011/09/30 15:23Posts like this brigehtn up my day. Thanks for taking the time.

wyvtlxbjudwyvtlxbjud2011/10/02 00:00ovGZYa <a href="http://nfyqshlnjlyk.com/">nfyqshlnjlyk</a>

olxvnckliaaolxvnckliaa2011/10/02 20:24shkzM8 , [url=http://cglxfkecfzms.com/]cglxfkecfzms[/url], [link=http://idsyyhrlmhay.com/]idsyyhrlmhay[/link], http://jkodsmihqkrh.com/

fmwnsjmfmwnsjm2011/10/03 20:3937WBT0 <a href="http://yhiltdpuvafo.com/">yhiltdpuvafo</a>

fwyjkzvsbxfwyjkzvsbx2011/10/06 03:30a5RY3Y , [url=http://vdolomypjdvp.com/]vdolomypjdvp[/url], [link=http://spauaoubnddy.com/]spauaoubnddy[/link], http://cktmtbdnctbv.com/