Hatena::Groupjazz

半熟三昧(ジャズ味) このページをアンテナに追加

2013-07-19練習におけるPDCAサイクル このエントリーを含むブックマーク

インプットアウトプットの話を前回(http://jazz.g.hatena.ne.jp/hanjukudoctor/20130610)書いた。

f:id:hanjukudoctor:20130630102143j:image:left

 ああいう書きかたをしたのは、要するに今の自分の行動に辟易していたからで、あれから1ヶ月あまり、新しい企画や前回やった企画のその2、というのをあえて走らせずに、セッションにゆるゆると参加したりはしながら、自分のありようを考えている。

 もっとも、観る方は充実していた。

 ニューヨーク活躍している大林武司(http://ameblo.jp/tksobys/)さんのライブ師匠でもある浜崎航・松本茜さんのライブ(Big Catchレコ発ツアー)と、CDレベルの方々のライブを立て続けに観、自分とのあまりの懸隔に呆然としたりもした。なにしろ、みな自分より年下だけれども、ジャズの真髄に肉薄していること、比ではない。

 と思ったけれども、そういう人の演奏を、そもそも同じ地平で考えている自分の不遜さが、おかしくも微笑ましく思えたのも事実である。こういう人たちを同一平面上の事象としてとらえる、べきかどうかはわからないが、アマチュアミュージシャンの多くは、そうは考えない。

 もともと持っているタレント、練習量などの差はさておき、一応目標としてこのレベル念頭に置いて、研鑽を続けると、その人達のたどりついた高みの何割かのところに到達することができる(なにしろこちらは、彼らよりも能力が劣っている上に二足のわらじを履いているのだ)。逆にいうと、そういう思いを持たないと伸びないのである。「アマチュアジャズミュージシャン平均値、だいたいこれくらいでOK?」というあたりを目標にしていても、伸びない。

 どんなに大それた、実現性の薄いことであったとしても、想像しないことは実現しない。モラトリアムから決別し、社会人としては実社会にそれなりの地位を見出し子供も持った自分ではあるが、未だにこういう人達と同一平面上での演奏妄想していることは、演奏者としては健全なのではないか

 と思ったのは、ここ最近セッションで久しぶりに会う人々の演奏を耳にしたからだ。アマチュア演奏で差が出るのは、そういう「健全妄想」を持っているかそうでないかというところではなかろうか。そういうことを考えなくなった人からは、もうそういう音しかでないのだ。

 もっとも、そういう妄想は、社会人必須能力である客観的な評価能力や鑑賞眼と相反することだ。世の中をわたってゆくのに必要クールさ、クレバーさは、自分がとるそのような妄想クレイジーと断ずるだろう。

 だから自分能力を超えて、あまりに、あまりに、高みを目指すと、イカロスのように紅蓮の炎に焦がされてしまうのかもしれない。

 でも、貪欲に、目標は高く持った方がいい。たとえ、自分に幻滅してさえも。

 現在自分に対する幻滅と、根拠のない未来への肯定感。おそらくこの青臭さが、サミュエルウルマンのいうところの青春なんだと思う。

 今の僕は、社会人の持つクールさと、しかミュージシャンの持つべクレイジーさを、脳の中で同居させている(勿論、幾分かの欺瞞はあるし、大人はずるいので、現在自分に対する幻滅は若い頃よりは減らして自己肯定の比率をこっそり増やして心が折れないように防御もしている)。

 もちろんこれは一朝一夕にできるようになったわけではなく、多くの社会人ミュージシャンは、まず社会に出て、Adjustするのに少し時間を要し、そこから夜昼の切り替えを学習するのではないかな。

 * * *

 しかし、インプットアウトプットのサイクルは難しい。

ライブを観るという行為インプットだし。セッション演奏するというのはアウトプットである

しかし家で練習する、というのもインプットだし、セッションじゃない、自分ライブを組み立てるのもアウトプットである

 しかし、この2つのインプット全然意味が違うし、アウトプットも、少し意味あいが異なる。いや、そもそも家で練習というのはインプットなのか?アウトプットなのか?よくわからなくなってきた。家で練習、というのは、演奏の入出力では、アウトプットだが、他人に表現するという意味ではインプットという事になる。単純に、インプットアウトプット、という二元法ではなく、もう少し細かく表現した方がよさそうだ。

しろビジネス世界提唱されている、PDCAサイクルを練習の方法論に取り入れてみた方がいいかも。PDCAサイクルとは Plan→Do→Check→Actionの頭文字で、事業活動における生産管理品質管理などの管理業務を円滑に進める手法である

最近いろいろなことに触れて思うことは「一つのことはすべてに通じる」という事。

人間が行うことである限り、仕事でのメソッドも、趣味や家庭でのメソッドも、援用できるものは多い。

Plan:現状の評価と練習計画の策定

Do:練習(コピーをしたり、アナリゼをしたり。含セッションでの演奏

Check:問題点の再評価

Action:演奏

最近おろそかになっているけど、練習日誌を書くのを再開してみよう。

 * * *

今度は、「アメーバ経営」が音楽に援用できるかどうか、考えてみようかな。

BllaBlla2013/11/23 02:38Thanks for the great info dog I owe you biyggti.

SurendraSurendra2013/11/24 01:56If you wrote an article about life we'd all reach <a href="http://ceukat.com">enntlhtenmegi.</a>

BosxzBosxz2013/11/25 03:50If you're looking to buy these arectlis make it way easier. http://jkssxgp.com [url=http://eedprpgzx.com]eedprpgzx[/url] [link=http://vdqcok.com]vdqcok[/link]

MaryMary2013/11/25 17:17Great inghist! That's the answer we've been looking for. http://ranjkdm.com [url=http://kphboqtgk.com]kphboqtgk[/url] [link=http://bmtnmmbmigs.com]bmtnmmbmigs[/link]