Hatena::Groupjazz

半熟三昧(ジャズ味) このページをアンテナに追加

2013-05-27

[][]バラードの難しさとポジショニングのはなし バラードの難しさとポジショニングのはなし - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - バラードの難しさとポジショニングのはなし - 半熟三昧(ジャズ味)

f:id:hanjukudoctor:20121014154643j:image:left:w300

 去年の総括にも書きましたが、最近やっとバラードに取り組もうと思えるようになった。

 なにしろバラードは難しい。

 私は アドリブテーマで言うと、アドリブの方が先になんとなく形になってはいたが、テーマを歌うというのが実に苦手な男だった。いまでもそうだ。多分、バップイディオムから研鑽を積んできたからかも知れない。

 しか特にトロンボーンという訥々とした楽器では結局のところ、テーマ―つまり音数の少ないゆったりとしたフレーズ―を歌えないとなんも始まらない、ということに今更ながら直面したわけです。


 * * *

 んで、最近の私は、トロンボーンでなにを練習しているかというと、コプラッシュなんです。

 コプラッシュ、トロンボーンエチュードなんですけれども、トロンボーンを25年やってきて、この手の教則本に手を出すのは初めて。お恥ずかしい次第。

 改めてコプラッシュをやってみて思うことは、第4,第5ポジションの使い方がなっちゃいなかった、ということ。

例えば、D-B-C-Dというフレーズだったら、4-4-3-4というポジショニングだと手が楽だ。アドリブでやるときは、瞬間芸なので1-4-3-1とかで吹いてたりしました。

あと、同様のフレーズだったら、D-Bb-C-Dだったら 4-5-3-4 とか。

これも、第5ポジションBbとか、ピッチがやばかったので昔はよう使わなかったんですけれども、覚悟決めて多用する練習をしていますちょっとましになりました。

でもまだ、例えば Confirmationのテーマとか第6ポジションから始めるところまでいっていません。自然と4,5,6ポジションを使えるようになるにはあと半年くらいかかりそう。

 こんなこと、楽器の練習としてはむしろ初級から中級レベルの話で、実にお恥ずかしいことなんですけれどもね。年数だけ重ねて、いい加減テクニックも固まったと思っていたんですが、意外に人って変えようと思ったら変わるんだと思う。変えよう、と思えば。

 んで、コプラッシュとかやると、全体的にピッチがよくなりました。そしてテーマを歌ったりするのに、少しやりやすくなりました。やっぱりクラシック教則本って大事なんだなあと思った。村田陽一先生の言うとおりだったね。

2012-11-27

[]音程 音程 - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - 音程 - 半熟三昧(ジャズ味)

 図らずも最近ビッグバンドに参加しており、トロンボーントロンボーンらしいハーモニーの追求をするわけなんですけれども、自分ピッチ反省させられることが多いです。

 これがまた、あからさまなメロディートップノートだと合わせられるのに、二番手番手立場だと、びっくりするほど合わないという、もうコンボで長らくやってきた弊害が出まくり

 特に第二ポジションは割と苦手で、今まで割と曖昧なままで済ませてきたつけが、ここに来て一気に噴出しているように思います


 しかし、ある曲で、Abのキーですが、Dbと記譜されているところと、C#と記譜されているところがありましたが、明らかにDbC#って、音があうポイントスライドポジションにして1-2cmくらいちがうんですねー。昔は何も考えてませんでしたが。

 音程の確かなトップの横でおっかなびっくり合わせています勉強になります

VikasVikas2013/01/30 20:45Whoa, whoa, get out the way with that good infmoration.

eryetperyetp2013/02/01 09:4230miOD <a href="http://hesbyhyvkrcn.com/">hesbyhyvkrcn</a>

xyukkuqnocxyukkuqnoc2013/02/01 09:42ecXC95 <a href="http://edciywmepbvv.com/">edciywmepbvv</a>

2012-07-05

[] Trombonist David Gibson performs Autumn Leaves  Trombonist David Gibson performs Autumn Leaves - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク -  Trombonist David Gibson performs Autumn Leaves - 半熟三昧(ジャズ味)

David Gibsonさんは、一枚だけリーダーアルバムもってますけど、小難しいこともでき、あまり踏み外さない感じの演奏で、トロンボーンっぽくない気がします。

私的にはかなり好きなタイプです。

このソロ勝手に採譜してみました。動画もみずにざっくりコピーしたので、ところどころあやしいところもありますが。

f:id:hanjukudoctor:20120731115453p:image:left:w350

f:id:hanjukudoctor:20120731115454p:image:left:w350

譜面と、演奏が両方みえるのでわかりやすいですね。

ツーコーラスソロをとっていますが、最初はかなりテーマからかけ離れたフレージングから入り、むしろ2コーラス目の後半にかけてギアだんだん落として、緩やかにエンディングにむけ興奮を減衰させているようにみえます

混沌としてHOTな局面から秩序ある状態に遷移し、そして静止という印象でしょうか。クールですね。

フレージングとしては、大体8小節のケーデンスでわけると、最後7、8小節目のトニックのところで、トニックらしい着地点を作っています*1

使用する音はコードに即して、極めて忠実です。所々に半音の繋留音、もしくはPassing Toneを入れ、カラフルにしていますオルタードもところどころに入りますが、それほど派手なアウトもなく、実にキレイに吹いている印象をうけます

ま、そりゃ独奏ですし、リズムセクションがあり、その上に乗っかるのであれば小難しくもふけるでしょうが、一人で枯れ葉っぽいコード進行を提示しているわけで、そんなに変な展開はできない、ということなんでしょう。

Available note scaleフレージングしている、というよりは コードを想定して、そのアルペジオにのっとってフレーズをつないでいるようにみえるのは、そのためなんでしょうか。独奏ですから、ある程度コードを明示的に示す必要がある。ところどころ、メロディー的よりは、バックにあるべきサウンドを肩代わりしているように聞こえます

例えば、一段目の1・2小節目はDominant的に吹いていますが、3・4小節目はかなり明確にコードフィギュアに忠実でTonic的ともいえます。6段目の12小節目とかもそうですね。2段目4段目の3・4小節も。

7段目の3・4小節目はEの音が印象的です。おそらGm-C-Fm-Bb というリハモコード進行を想定してEはCのトライアドを強調しているのではないかと思いますが、どうでしょうか? あと、7段目、8段目は割とコードなりに吹いていて少し落ち着いた部分ですね。それに対比して、二コーラス目の前半、つまり9段〜12段あたりまでは、割とコードから離れたフレージングが目立ちます。この短いソロの中で、盛り上がっているところです。この一連のフレーズはところどころ小難しい部分もあり、好きなところですね。着地点はおさえつつも、その間の流れはわりかし自由に吹いていて、色彩が豊かです。10段目の2小節目とか、4小節目とかの音使いとか。

この9〜11段の3段の大きな固まりは、流れでいうとDominantに対応するのですが、そこが終わって、12段にさしかかると、リズムも、イーブンフィールからスウィングっぽくなって、緊張感が緩和させて着地感を演出しています。ここも、すごく好きです。

12小節目はGmの終始の部分で、D-G-A-Bbフレーズモチーフに頭の音をD→Eb→E→D と変化させて、いわゆるクリシェ的な効果を狙っています

コーラス目の後半からは、割とキレイに、元のメロディーコード進行に即したきれいな流れが続きます

最後、11段目の3・4小節は 前コーラスと違ったパターンで、コード的にはGm-Cm-Fmとなるのでしょうか。マイナー対称性を保って4度進行で動かしており、ここも、すごく好きなところです。

ま、そういう小難しいことは何より、あたしはこの人の音すごくすきですね。ややかすれたようなおもむきもありつつ、まっすぐのびるので。アドリブですから、上に考えている事をふまえたうえで、瞬間的に構築しているわけですから、私が同じようにやっても、ここまで色彩豊かには吹けない。こういう風に吹けたらなあ、と思います

*1:逆に、この演奏をきいて、この78小節目で落ち着かないソロイング、というのはどうしたらいいだろうか、と考えたりもしました

2011-07-14

[][]The peculiarity of Jazz Trombone The peculiarity of Jazz Trombone - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - The peculiarity of Jazz Trombone - 半熟三昧(ジャズ味)

ジャズ「特有」の吹き方?

問い:いわゆる「Jazz tromboneの吹き方」というのはありますか?

まり吹奏楽の吹き方とは違ったJazz独特の奏法というものを身につけるべきなのでしょうか?

 これは比較的難しい問題ですね。結論からいうと「違う」ともいえるし「同じで結構」ともいえるんじゃないでしょうか。

 例えば日本語英語を喋る場合では、口の形とか舌の動かし方などの発音が少し異なります。我々日本人英語を新しく憶える場合には日本語にはないL音R音、Thとかそういった発音はおぼえる必要が生じますますよね。

 ジャズトロンボーン場合(tromboneに限りませんが)、西洋音楽黒人音楽の要素が色濃くブレンドされているわけで、一つ一つのフレーズの歌い方(アーティキュレーション)はその黒人音楽の要素の分だけ一般的な吹奏楽とは多少異なるところもある。

 タイミングだけとっても、裏拍の取り方というのも全然違いますが、アクセントの付け方も、そうとうクセがあるっちゃああります。そういうのをひっくるめたJazz特有の「クセ」は確かにあります

 しかしこのクセの度合いは演奏家によって千差万別ですし、その「クセ」こそがオリジナリティーの一つの要素であるともいえるわけです

 もし、あなたが本気でプロフェッショナルジャズマンを目指すのであれば、最終段階において他人のクセを真似ることに必ずしも拘泥する必要はないのかもしれません。

 いや、昔は私もそう考えていましたが、ジャズの語法は、結局のところ、言語なんですよね。他者との共演を前提としている音楽です

英語で、変なイントネーションだったり、フレージングがめちゃくちゃだったら、誰も聞いてもらえません。

から、「お稽古事」としてのJazzをやろうとしているのなら、当然模倣すべきでしょうし、プロフェッショナルであればこそ、さらに完璧に模倣をする。そして模倣も完璧にできた上で醸しだされるオリジナリティーこそが、その人の文体なのではないでしょうか。

パワーとスピード

 あなたが未だ成長過程にあるプレイヤーならば、もう一つ憶えていて損はないことがあります

 ジャズトロンボーンには「パワー」よりも「スピード」を要求される局面が多いということです

 ジャズではパワーが要らないというわけではないのですが、トロンボーンというのはどちらかというと音量に富んだ楽器ですから、室内で吹く場合は、音量としては他の楽器よりも飽和量に達しやすい。他の楽器とのバランスということを考えると、あまり大音量で吹き続けるシチュエーションはないように思えます

 そして、音量とフレージングスピードは、ある程度トレードオフの関係にあります。そしてジャズ場合トロンボーンにとっては音量の限界よりもフレーズ限界の方がいつだって厳しいんです

 吹奏楽をやってジャズ転向した者が挫折しやすいのはここです。例えば、中学高校と吹奏楽でやってきて上手といわれてきた人間大学に入ってジャズを始めたとする。しかBop系の細かいテーマすら吹けない、Ad-libソロコピーなんか全然吹けない、といったことがまま起こります

 これは、必ずしもJazzが難しいというわけではなくて、吹奏楽オーケストラトロンボーンにはあまり要求されなかった面を要求されるためだと考えられます

 ユーノス・ロードスタースープラの違いとでも考えればよいでしょうか。

 コーナリング重視の車と最高速重視の車ですね。

 曲がりくねったサーキットでは小回りの利くユーノスの方が早いし、運動場のトラックのようなサーキットではスープラの方が圧倒的に早い。

 Jazzという「サーキット」はどちらかというと曲がりくねっているテクニック重視のコースだと私は思いますコード進行という面でもそうですし、フレーズの細かさという点でもそうです

 やはりジャズトロンボーンアドリブに即応するためには、吹奏楽の平均レベル(ソリストと言われるスター級の奏者を除いた)よりも早いPassageを吹く能力が必要と考えられます

 

 このことは「Jazz独特の奏法」とは、ちょっと言えませんが、そういうことも前提に練習した方がよいでしょう。

パワーが要らないわけでもない

 念のため付け加えますが、「パワーが要らない」と言っているわけではありません。

 勿論、吹奏楽のトッププレイヤーは十分なスピードを備えていますし、ジャズプレイヤーだってプロミュージシャンは十分なパワーを身につけています

 F1マシンコーナリングスピード共に高い能力を有する、それと同じです

 ただ、

コーナリングはいいけど最高速が遅い車」と

コーナリングからっきしだめで最高速はばかっぱやい車」

のどちらか、を選ぶのであれば、前者の方がジャズに向いていると僕は理解しています。それに、四五年ちゃんと吹奏楽トロンボーンをやっていれば自然に音抜けは良くなります。それ以上のパワーは一段階上レベルに上がるまで当分不必要だと僕は考えています

 しかし、アマチュアレベルでは、音色は良くて音は大きいけれどもフレーズを吹かせるとさっぱりという人間と、フレーズを吹かせるといいんだけれど、音量に今ひとつ難がある人間では、前者の方が10倍くらい多いのは確かなんですよね。

(2000にHPに掲載した分を改稿。

私個人の考えも変わった分、途中の結論はかなり変わってます)

SabineSabine2012/02/17 02:13I can't believe you're not playing with me--that was so hlfeupl.

jcrukdjcrukd2012/02/18 00:09Wtbx42 , [url=http://vygpyihfmasa.com/]vygpyihfmasa[/url], [link=http://pklqxsuxfihf.com/]pklqxsuxfihf[/link], http://gsotfzyysrmn.com/

jljytlrfncjljytlrfnc2012/02/22 02:406rubvt <a href="http://adoxknbkhbee.com/">adoxknbkhbee</a>

jljytlrfncjljytlrfnc2012/02/22 02:406rubvt <a href="http://adoxknbkhbee.com/">adoxknbkhbee</a>

GabrielaGabriela2013/11/22 11:41Thanks for stantirg the ball rolling with this insight.

IeylaIeyla2013/11/23 02:39It's good to get a fresh way of <a href="http://nybwhys.com">lokniog</a> at it.

WinniWinni2013/11/24 08:01Good job manikg it appear easy. http://rqpdpn.com [url=http://lmevdll.com]lmevdll[/url] [link=http://mrukebl.com]mrukebl[/link]

MichalMichal2013/11/24 14:05Play <a href="http://wvuvonleu.com">inratmofive</a> for me, Mr. internet writer.

AlkassoumAlkassoum2013/11/25 09:55Good to see real expertise on display. Your cootnibutirn is most welcome. http://oqvdfvez.com [url=http://udunibwfmwl.com]udunibwfmwl[/url] [link=http://dsijaddzikx.com]dsijaddzikx[/link]