Hatena::Groupjazz

半熟三昧(ジャズ味) このページをアンテナに追加

2004-07-13

スピーカーを買ったので、新しいCDを買いに行きました。5枚買ってこれはそのうちの二枚。

[]Cal Tjader "Cal Tjader plays Harold Arlen & West Side Story" Cal Tjader "Cal Tjader plays Harold Arlen & West Side Story" - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - Cal Tjader "Cal Tjader plays Harold Arlen & West Side Story" - 半熟三昧(ジャズ味)

 もともとは"Cal Tjader plays Harold Arlen" と"West Side Story"二つのLPのニコイチCDレーベルはFantasy。

 サウンドの方向性は二枚ともほとんど一緒で、一枚はHarold Arlenの曲集で、もう一枚はWest Side Story、つまりLeonard Bernsteinの曲集というわけである。

 厳密に言うとこのCDジャズとは呼べない。これらの曲はよくジャズでも演奏される機会が多いが、ここではMusicalで流れていた原曲のイメージを極力尊重した演奏であると思う。

 Harold Arlenの前半部分はトリオ(ds/pf/vib)での演奏だが、ほとんどフェイクがなく、テーマをPf/Vibでユニゾン。ぶっちゃけて言えばジョージ・シアリング サウンド、である。スッカスカの音空間を、敢えて埋めない姿勢はことさらクールに映る。

 後半部は、この閑散としたサウンドにストリングスが入り、ちょっと脂っぽくなる。スッカスカのサウンドを埋めるこうしたやり方も、ジャズ的な手法ではない。

 West Side Storyではブラスも入った濃厚なオーケストレーション。やはり、いわゆるジャズアレンジではないのだが、Bernsteinの編曲とやや趣向が異なるのが新鮮ではある。二枚とも、アレンジはClare Fischerだ。サウンドの方向付けは彼がしており、彼のアルバムといえなくもない。Cal Tjaderはボーカリストのような立場に乗っかってメロディを叩いているだけ、のようにみえる。だからリラックスしているのかもしれない。

 一言で言うと、「ミュージックフェア、今週のゲストはCal Tjaderさんです」という趣きだ。彼がどう思ってこの演奏をしていたのか、知りたい。だけど、こういうサウンドって、アメリカ音楽のメインストリームだからなぁ。結構やって悪い気はしなかったんじゃないだろうか。

 そうそう、肝心なCal Tjaderの演奏であるが、テーマをフェイク少なく演奏しても、ノリというか、一瞬のバネが利いた瞬発力のある出音は、ジャズVibesの片鱗を覗かせるので、あまり退屈はしない。


[]Mike LeDONNE Quintet "'Bout Time" (Criss Cross) Mike LeDONNE Quintet "'Bout Time" (Criss Cross) - 半熟三昧(ジャズ味) を含むブックマーク はてなブックマーク - Mike LeDONNE Quintet "'Bout Time" (Criss Cross) - 半熟三昧(ジャズ味)

 フロントにTom Harrell(tp)とGary Smulyan(bsx)を擁した二管構成。ちょっと特殊なこの構成は、Lee Morganの"Cooker"とか、Half-Note Cafeの"Donald Byrd"とか、意外と由緒あるもんなんだよね。ちょっとゴリっとしたサウンドになるので、僕は結構好きです。

Gary Smulyanという人僕はよく知らないが、間違いなくこちらの系譜だと思う。間違ってもChet BakerとGerry Mulligunの方ではない。


 ……、このCDブラインドで聴かせて「リーダー当てクイズ」したら、八割くらいはトムハレルと答えそうな気がする。ピアノが全然印象にのぼらない。バッキングは貞淑(?)だし、ソロで出しゃばったりもしない。弾き倒したりもしない。

ジャッキー・テラソンとかミシェル・カミロとか「俺が俺がピアノ」を聞き慣れると、とてもあっさり味に思えてしまう。そんなに自己主張しなさすぎて、いいのか。

 なんか、学生バンドで、人柄がよくてリーダーになっている無口なピアノ弾きを思い浮かべてしまった。3回生に混じって一人だけ4回生、とか。

 サウンド的には孫悟空がお釈迦様の手のひらの上から逃げられないように、クリスクロスサウンドのイメージからは一歩も外に出ていません。以上。

ゲスト



トラックバック - http://jazz.g.hatena.ne.jp/hanjukudoctor/20040713