tettsunnの日記

2004-07-28

Bill Evans - 『Bill Evans Album』

新メンバー

よろしくです。

ジャズグループも大所帯になってきましたね…うるうる。

[]レビュー:Bill Evans - 『Bill Evans Album』

大学のレポートが一段落ついたので(おい)、新しいレビューを書こうかと思います。

大多数のジャズファンにとってもそうであるように、Bill Evansは僕の好きなピアニストの一人です。四部作もいいけれど、特に好きなのは『We Will Meet Again』(ASIN:B000002KL2 - 評価:★★★★★++)と『Affinity』(ASIN:B000002KK0 - 評価:★★★★★+)ですね。これはどちらも管楽器入りです。その他のトリオではこの『Bill Evans Album』(ASIN:B000002AE9)が結構長く聴ける盤だなと思っています。

Personnel: Bill Evans(p), Eddie Gomez?(b), Marty Morell?(ds)

Tracks: 1. Funkallero 2. The Two Lonely People 3. Sugar Plum 4.Waltz For Debby 5. T.T.T.(Twelve Tone Tune) 6.Re: Person I Knew 7.Comrade Conrad 8. Waltz For Debby(alt) 9. Re: Person I Knew(alt) 10. Funkallero(alt)

Recorded: New York City, on May 11, 12, 17, 19, 20 and June 9, 1971

曲は全曲Evansのオリジナル。オリジナルと言っても馴染みの曲が多いので半ばスタンダード集となっている。1曲目を始めとして、この時代では珍しくないけれどエレクトリックピアノを何曲かで使っている。曲の途中で生ピアノの音に変えたりしていて面白い。ただ、エレピの演奏はEvansの真骨頂であるタッチ、アーティキュレーションがはっきりしないので音色を楽しむぐらいでよい、かも。

Eddie Gomezはいつもどおりやかましい…かと思いきや、やかましく感じる一歩手前まで引いていながらも突っ込むところはしっかり突っ込んでいるというメリハリの効いた演奏。Marty Morellはあまり前には出てこないが堅実にスティックを操っている。ドラムはちと物足りないか。

Evansは2曲目や4曲目に代表されるように3拍子系の曲の作曲、演奏が素晴らしいと個人的に思っている。7曲目は半コーラスごとに4拍子と3拍子を入れ替えるという難曲*1だが、この曲での演奏も良い。なによりEvansのオリジナルを心ゆくまで堪能できるので、1枚まるごと一気に聴くのをお勧めする。

さすがに4部作のような出来ではないが、Evansワールドにどっぷりと浸れる一枚。何度聴いても新しい発見がある盤。

評価:★★★☆☆+

なおAmazonでは軒並み在庫切れですが、量販店の特価輸入盤コーナーなどにひょっこりあることが多いので、参考までに。

*1:しかも半コーラスごとに五度圏で転調している。アマチュア泣かせだ。ちなみに僕の一番好きなジャズの曲はこの曲。『We Will Meet Again』の1曲目での演奏が非常に素晴らしい。