tettsunnの日記

2004-08-31

[]Jan Garbarek関連

サークルの後輩からガルバレクのCDを2枚借りた。1990年周辺の作品で、いわゆるワールドミュージック系のサウンドだが、シンセとソプラノサックスの音色が非常に心地良い。また、ECM系のPercussionist、Nana VasconcelosやMarilyn Mazur(マイルスバンドにもいたそうな)が入るとダイナミックにサウンドが変わるのが面白い。こういうのってなかなか聴く機会がないけれど、いったん聴き始めると結構ハマります。