tettsunnの日記

2004-09-28

Lars Jansson - 『At Ease』

[]第20回 スカンジナビアン・コネクション 2004年11月6日(土)~19日(金) ラーシュ・ヤンソントリオ スケジュール決定!

Lars Jansson来日ですか。詳しくは以下。

面子はLars Jansson(Piano), 森泰人(Bass), Anders Kjellberg(Drums)です。

できれば見に行きたい、かな。

[]Lars Jansson新譜

新譜が出る模様。

聴いてみたい…。でも今金欠なのでどうしようかな、と。

今月はCDあんまり買ってないのはそのせいです。

森山~東京JAZZツアーで散財したから…。

こないだのPieranunziの2枚組みも買ってないし、なあ。

[]Lars Jansson - 『At Ease - Live In Tokyo At Body And Soul』

にわかにEnrico RavaやLars Janssonの来日情報が入ってきたので、それに向けたレビューをしていこうかな、と思います。

Personnel: Lars Jansson(p), Yasuhito Mori(b), Anders Kjellberg(ds)

Tracks: 1.At Ease 2.Live Be Where You Are 3.Giving Receiving 4.The Days Of Wine And Roses 5.Just Being 6.Witnessing 7.Hope 8.At Least Often 9.Momo

Lars Janssonの過去の来日公演は、スカンジナビアンコネクションという森泰人さんのプロジェクトに関係しています。この作品もそのプロジェクトの一環としての来日時のライブ録音です。あんまり録音が良いとはいえませんが、内容自体は非常に良いです。

森泰人さんのHP

Lars Janssonのピアノは一言で言えば「ヨーロッパ的」なのですが、Enrico Pieranunziのようにラテン的(音楽ではなく、民族性としてのラテン)ではありません。雪に閉ざされた北欧スウェーデンの控えめな叙情性、とでも言いますか、そのへんが他の有象無象のピアノとは一線を画しているところです。

演奏は4曲目のスタンダードと9曲目の森さんの曲以外は全てLars Janssonのオリジナル。躍動的な2曲目、艶のある7曲目、アグレッシヴな8曲目が僕の好みです。Anders Kjellbergのドラムはインタープレイ重視の姿勢。演奏の中で4小節や8小節のブロックが移る部分の繊細なプレイが素晴らしいです。もちろん前に出るところは前に出てきます。僕も生で観てみたいですね。

評価:★★★★☆+

JoniJoni2011/09/30 23:38This is way more helpful than anything else I've lkooed at.

zcsddrzcsddr2011/10/01 23:48lxuYU9 <a href="http://gjfapiyofsxg.com/">gjfapiyofsxg</a>

czazchqeczazchqe2011/10/02 21:21oz6qJn , [url=http://emkxgethqqjk.com/]emkxgethqqjk[/url], [link=http://isnzumncryyq.com/]isnzumncryyq[/link], http://qkhnvnzzgqwf.com/

ylovspbhrfeylovspbhrfe2011/10/03 20:59krd76D <a href="http://ztwvzprwxbsc.com/">ztwvzprwxbsc</a>

dsoxutpgnddsoxutpgnd2011/10/06 02:48KyvCOj , [url=http://vdhxxmayvbuk.com/]vdhxxmayvbuk[/url], [link=http://lcpxctdrwyxp.com/]lcpxctdrwyxp[/link], http://ghgdsmiukmbv.com/