tettsunnの日記

2005-02-16

[]Gary Peacock - 『Tales Of Another』

リクエストにお答えして、この盤のレビューです。こういった評価が定まっている作品のレビューを書くのは冷や汗ものですが。

Gary Peacock - 『Tales Of Another』(ECM) ASIN:B0000261JX

Personnel: Gary Peacock(b), Keith Jarrett(p), Jack DeJonnete(ds)

Tracks: 1.Vignette 2.Tone Field 3.Major Major 4.Trilogy I 5.Trilogy II 6. Trilogy III

1977年録音ということで、スタンダーズトリオ以前の演奏。曲は全てゲイリーによるもので、演奏の主導権も彼が握っているという印象だ。とは言え、キースもデジョネットも前に出るところは前に出る、メリハリのついたインタープレイが繰り広げられる。

静謐な雰囲気から始まる1曲目はいかにもECM的な曲。そして2曲目は即興の要素が入った浮遊感漂う演奏。3曲目はタイトル通りメジャーの一発の曲。キースのソロの盛り上がり方は教科書的ながら、その完璧さは息を呑むほど。中盤のキース独特のノリの16分音符の雨に悶絶。デジョネットのあおり具合も最高。ゲイリーの力強いソロも聴き所か。

4曲目から6曲目はゲイリーが大きく前面に出た組曲形式の演奏。5曲目中盤の高速4ビート部におけるキースのソロにここでも悶絶。とにかくハイテンション。一体どこまで盛り上がるんだ、という感じ。6曲目は無伴奏ベースソロの後、テーマ部に突入。さらに高速4ビートになり、またキースのハイテンションソロが始まる。ここでのデジョネットの切れっぷりがまたすごい。真ん中過ぎで4ビートが徐々に途切れてフリー気味になっていき、そこでまた盛り上がって後テーマへ。この辺の演奏にこのトリオの本質が現れている。最後にエンディングがびしっと決まって素晴らしいの一言。

硬派な演奏なので聴き終わったあとはすごく疲れる。後のスタンダーズトリオと比べると、演奏の迫力が全然違う。どちらがいいということはないけれど、この演奏には現在のスタンダーズトリオにはないエネルギーが満ち満ちている。特にキースの演奏には神懸かり的なものがある。キースが好きな人ならぜひ。

評価:★★★★★

kanekoshusukekanekoshusuke 2005/02/16 12:05 どうもです。昨日、このCDを借りてみたのでかなりタイムリーです。シリアスでよい感じです。そういえば、以前私が日記で書いたMarc Copland と Gary Peacock のアルバムに 1)Vignette が入ってましたね。というか今まで本作を知らなかったので発見でした。

tettsunntettsunn 2005/02/17 03:48 ども。僕はこのアルバムが以前から評価がすごく高いのを知っていて、逆に今まで聴けないでいたという感じです。あまのじゃく的というかなんというか。だからというわけじゃないですが、やはりこのアルバムはいいですね。当時の彼らの音楽観がストレートに現れている良作だと思います。

NatividadNatividad 2012/10/28 18:59 Didn't know the forum rules alolewd such brilliant posts.

zstqhxkueazstqhxkuea 2012/10/29 05:31 brFeTb <a href="http://tntoblaflaqu.com/">tntoblaflaqu</a>

zlwfyygzlwfyyg 2012/10/30 18:16 8VfOKU , [url=http://wpupchrmzruw.com/]wpupchrmzruw[/url], [link=http://tuvirkapdizr.com/]tuvirkapdizr[/link], http://tckqrqdntcju.com/

jezyvchjxczjezyvchjxcz 2012/10/31 01:16 WUyWXA <a href="http://uaxnzdfhpxin.com/">uaxnzdfhpxin</a>

vivibafuxvivibafux 2012/10/31 11:17 tgdtpK , [url=http://yxjezkhglbfz.com/]yxjezkhglbfz[/url], [link=http://mqslhvgpttpz.com/]mqslhvgpttpz[/link], http://teqvepfxrarn.com/

ゲスト



トラックバック - http://jazz.g.hatena.ne.jp/tettsunn/20050216