tettsunnの日記

2005-02-24

[]最近買ったCD

一番町サウンドユーにて。中古の品揃えが結構変わったような気が。

マッコイのリーダーのピアノトリオに、4人のフロントが1人づつ参加しているという構成の盤。フロントが変わることによって音楽も変化するのかなと思いきや、どの曲でもマッコイ節炸裂。とはいえ、面白くないということではない。リズム隊3人は快調そのもの。アバクロがマッコイっぽく弾いてたりするのには笑える。それにしてもアバクロのエレクトリックマンドリンって、ギターの音にしか聞こえないんだけど…。

  • The George Gruntz Concert Jazz Band - 『Blues 'N Dues Et Cetra』 (Enja) ASIN:B000023ZGV
    • George Gruntz, Chris Hunter, John Scofield, Wallace Roney, Ray Anderson, Jon Faddis, Franco Ambrosetti, Bob Mintzer, Jerry Bergonzi, Adam Nussbaum, Randy Brecker, Marvin Stamm, John Clark, Mike Richmond(etc...)

豪華な編成のビッグバンド。コンテンポラリーな曲が多く、なかなか面白く聴けます。タイトル曲の「Blues 'N Dues Et Cetra」がいい。個人的には、Franco Ambrosettiのソロが少なくて残念。

ゲスト



トラックバック - http://jazz.g.hatena.ne.jp/tettsunn/20050224