zokkon jazz

2004-09-12

Chris Potter,バスクラリネット

白人テナー奏者,Chris Potter のアルバムは2枚持っている。Unspoken (ASIN:B0000006RC) と traveling mercies (ASIN:B000068WSN)。John Scofield (g) と Bill Stewart (ds) が参加しているので買ったもの。そんなに好きでも嫌いでもないタイプなのだが,2002年作の traveling mercies はときどき聴きたくなる。最後の Just As I Am という曲が,ピアノとバスクラのデュオでしっとりとしたいい感じ。テーマは The Nearness of You に似ているけど。

The Nearness of You もバスクラリネットが似合う曲だと思うが,この楽器の音を無性に聴きたくなることがときどきある。そういうときには John Surman とか David Murray ぐらいしか思いつかないんだけど,ほかにどんな人がいるだろうか。曲調として望むのは Marisa Monte の Rose & Charcoal (ASIN:B000005GYB) 6曲目の Danca da Solidado だったりする。

ゲスト



トラックバック - http://jazz.g.hatena.ne.jp/zokkon/20040912